忍者ブログ
ゲームしてアニメみてお絵かきしてホビー買ったりしてる人の雑記
[408]  [409]  [410]  [411]  [407]  [403]  [402]  [401]  [400]  [399
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「ドットハックセカイの向こうに」のサントラ聞いてて、歌詞が知りたい!
と思った次第でして。今更色々調べました。
というか、調べようとしてたらフォロワーさんが殆ど調べて情報下さいましたw



歌の大半はfirstの4部作でお馴染みの
プロローグに語られる「ドイツ語の黄昏の碑文」、そしてその英訳、
ゲーム中に現れる「碑文の断片」の英訳が元になっている模様

G.U.に関しては完全オリジナル言語(The World言語)による「黄昏の放浪者」が
元になってるんだとか。


私自身も忘れたくないので、メモとして碑文を残しておこうかと思います
詳細は「続き」をどうぞ。




プロローグ

■日本語
夕暮竜を求めて旅立ちし影持つ者、未だ帰らず
ダックの竈(かまど)鳴動し、闇(ダック)の女王ヘルバ、ついに挙兵す
光(リョース)の王アペイロン、呼応して両者、虹のたもとにまみゆ
共に戦うは忌まわしき“波”
アルバの湖煮え立ちリョースの大樹、倒る
すべての力、アルケ・ケルンの神殿に滴となり影を持たざるものの世、虚無に帰す
夕暮竜を求めて旅立ちし影持つ者、永久に帰らず

■英語
Yet to return, the shadowed one.
Who quests for the Twilight Dragon Rumbles the Dark Hearth,
And Helba, Queen of the Dark,has finally raised her army.
Apeiron, King of Light beckons.
At the base of the rainbow they meet Against the abominable Wave,
together they fight.
Alba's lake boils.
Light's great tree doth fall.
Power- now all to droplets turned in the temple of Arche Koeln.
Returns to nothing,this world of shadowless ones.
Never to return, the shadowless one, Who quests for the Twilight Dragon.

■ドイツ語
Der Mann mit Schatten ist auf der Suche nach dem
Abenddrachen verreist und ist noch nicht zurück gekommen.
Der Herd der Finsternis grollt.
Helba, Königin der Finsternis, stellt schließlich ein Heer auf.
Apeiron, König des Lichts, reagiert.
Die Beiden treffen sich am Fuße des Regenbogens.
Die verfluchte Welle muss gemeinsam bekämpft werden.
Der See von Alba brodelt.
Der große Baum des Lichts fällt.
All Macht zerfällt zu Tropfen unter dem Tempel von Arche Köln.
Wesen ohne Schatten, ihre Welt zerfällt zu Nichts.
Der Mann mit Schatten, auf der Suche nach dem
Abenddrachen, kehrt niemals mehr zurück.




碑文の断片00

■日本語
“波”に蹂躙されし麦畑に背を向けて影持つ娘のつぶやける
“きっと、きっと帰るゆえ”
されど、娘は知らざるなり
旅路の果てに待つ真実を、彼女らの地の常しえに喪われしを

■英語
Shunning the field broken by Wave.
The shadowed girl whispers,
"Surely, I will return."
Alas, the truth unbeknownst.
Awaiting her at journey's end;
Eternal mourning for her land.




碑文の断片01

■日本語
指が月を示しとき愚かなる者指先を見ん

■英語
When the finger points to the yonder moon,
The fool will not look at the fingertip.



碑文の断片02

■日本語
系の改変、能(あた)わず
我ら、その機会をすでに失してあり
残されし刻の、あまりに少なきゆえに
我ら道を過てり
今にして思う
我らが成すべきは、系の変更にあらず個の変化なりしかと

■英語
The whole cannot be changed.
We have already lost that chance.
Because the time left to us was short,
We were mistaken in our path.
But now do we realize,
We should change not the whole,
But the parts.




碑文の断片03

■日本語
天を摩す“波”視界を覆いて余りあり。
遍在する力に抗すべくもなく、影なきものたち、ただ嘆息す。
なにゆえに“波”なるか。
せめて波涛のひとつともあれば一矢報いんものを

■英語
Wave soars and shrouds the eyes.
No means to fight an omnipresent force, The shadowless ones just grieve.
Why must it be a Wave?
Divide, if it would just...
Then retaliate, we may.




碑文の断片04

■日本語
竜骨山脈を越えしおり
一同、人語を解する猿に出会う。
その猿の問うていわく、
“汝につきまとうものあり?
そのもの、およそ汝には耐えがたく受け入れがたきものなり。
されど、汝とは不可分のそのものの名を唱(とな)えよ” と

■英語
Over the Keel Mountains, Meets an ape with human speech.
The ape asks,
"What clings to you?
Bear it - you cannot.
Accept it - you cannot.
But hidden - it is from you.
Recite its name."




フィドヘルの予言

■日本語
蒼ざめた馬の疾駆するがごとくに見えざる疫病の風、境界を超えゆく。
阿鼻叫喚、慟哭の声、修羅、巷に溢るる。
逃れうるすべなく、喪われしものの還ることあらざる。
時の流れは不可逆なればなり

■英語
Like a frenzied horse that is driven.
An unseen wind of plague shrieks across the border.
Pandemonium, wailing, and stench of carnage fills the air.
There is no place to run.
No hope of escape. Those who are mourned will never return.
The hands of time cannot be turned back.




ワイズマンからのメール(碑文の一部)

■日本語
禍々しき波の何処に生ぜしかを知らず。
星辰の巡りめぐりて後(のち)東の空昏(くら)く大気に悲しみ満ちるとき
分かつ森の果て、定命の者の地より、波来(きた)る先駆けあり
行く手を疾駆するはスケィス
死の影をもちて、阻みしものを掃討す
惑乱の蜃気楼たるイニス
偽りの光景にて見るものを欺き、波を助く
天を摩す波、その頭(かしら)にて砕け、滴り、新たなる波の現出す
こはメイガスの力なり
波の訪(おと)なう所
希望の光失(う)せ、憂いと諦観の支配す
暗き未来を語りし者フィドヘルの技なるかな
禍々しき波に呑まれしとき策をめぐらすはゴレ
甘き罠にて懐柔せしはマハ
波、猖獗(しょうけつ)を極め、逃(のが)れうるものなし
仮令(たとい)逃れたに思えどもタルヴォス在りき
いやまさる過酷さにてその者を滅す
そは返報の激烈さなり
かくて、波の背に残るは虚無のみ
虚ろなる闇の奥よりコルベニク来(きた)るとなむ
されば波とても、そが先駆けなるか


■英語
Unknown where the Cursed Wave was born…
After the stars doth cross the heavens,
The sky in the East doth darken and air doth fill with mourning.
From the chosen land beyond the forest, a sign of the wave comes.
Riding the wake is Skeith, the Shadow of Death, to drown all that stands.
Mirage of Deceit, Innis, Betray all with the flawed image, and did aid the Wave.
And by the Power of Magus, a drop from the Wave doth reach the heavens, and creates a new Wave.
With the Wave, Fidchell, the power to tell the dark future, hope darkens, sadness and despair rule.
Gorre schemes when swallowed by the Cursed Wave.
Macha seduces with the sweet trap.
Wave reaches the Pinnacle, and escape none can. Tarvos still remains with more cruelty to punish and destroy.
And with the turbulent destruction after the Wave. Only a void remains. From deep within the void arrives Corbenik.
Perhaps then the Wave is just a beginning as well.




黄昏の碑文(ミアの言葉)

■日本語
七姉妹のプレアド、人に恋せしゆえに、
影持つ身となり、ダックを追放さる。
もって、堕ちたるプレアドと呼ばるなむ。
流浪の果て、アルケ・ハオカーに隠栖す。
されど、その日々、つづかず。
再会のありやなしや。
プレアドの姿消え、波の先駆け来たる。

■英語
Plaird of the Seven Sisters, falling in love with a human,
Became a Shadowed One and was exiled from the Dark.
Hence, her name came to be called Plaird the Fallen.
At her wanderings end, she settled in seclusion in Arche Haokar.
However, those days may not last. A reunion may come, or may not.
Plaird's form vanishes at the coming of the sign of the Wave.





上記の文章で大抵の歌詞が構築されてるそうです
断片的だったり、要約してあったり、繋いであったり。


映画の「ドットハック」で印象的な「マク・アヌ」は
碑文の断片00の英語訳のものが聞き取れますね。うひょひょ!


(ここで試聴ができます↓
劇場用3Dアニメーション ドットハック セカイの向こうに O.S.T.(初回限定盤)

拍手

PR
POST
name
title
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※管理者へのみの表示となります。)
COMMENT
プロフィール

Profile
HN:みこのん
・DQ10ではウェディ♀で本業盗賊
・ランプ錬金は12月から始めたばっか

・2002年からの.hackers…だった
・サンライズアニメも好物
・ニチアサも大好き

Contents
pixiv // ごく稀に更新
@paint // 気が向いた時
Twitter
@mikonoMai

Twitter Updates


    ログはこちらをどうぞ↓
    http://twilog.org/mikonoMai/
    ※CurePassionからID変更しました。
    直ぐ別アカウントで再取得すべきだったと後悔;
    ログェ…
    すくえにめんばーず



    ついったほどじゃないがIN率わりと高め。
    ブログ内検索
    メールフォーム
    Copyright © 星屑アナグラ -blog- All Rights Reserved.
    Powered by NinjaBlog
    Material by Gingham * Template by Kaie
    忍者ブログ [PR]